LINE BOTで何やって良いか分からないのでとりあえずiftttに飛ばしてみる

Apr 13, 2016 22:23 · 1014 words · 3 minute read Heroku ifttt Line linebot

LINE BOTを始めBot界隈が盛り上がってきてますが、BotKit公開されても何すれば良いか分からない人間なので、とりあえずiftttへのパス作っとけば夢は広がるだろうというアレです。

下記の情報の組み合わせでできました。

LINE BOT をとりあえずタダで Heroku で動かす - Qiita AWS LambdaとIFTTTでお手軽にpush通知を実現する - Qiita

Deploy

動かすには下記が必要


流れとしてはLINE BOTからHerokuへCallbackし、HerokuからiftttのMakerチャンネルへリクエストを飛ばしてます。 Connect Maker to hundreds of apps - IFTTT

Makerチャンネルへリクエストを飛ばすとCongratulations! You've ~ という定型文が返されるので、それをまたLINEへつぶやくようにしています。 (リクエストがiftttへ届いたことを表しているだけで、レシピがエラーとなったかどうかは判別できなそうです)

Makerチャンネルはiftttのレシピ毎にEventNameを指定できるため、LINEでのメッセージの先頭でそのEventNameを指定できるようにしており、Herokuにアプリ一つ立てておくだけで、iftttの複数のレシピに対応できるはずです。

line-ifttt-7.png

LINE上でifttt-test hogehogeとつぶやけば、EventNameifttt-testのレシピが実行されるはずです。

# Mostly taken from http://qiita.com/masuidrive/items/1042d93740a7a72242a3
# And https://github.com/yuya-takeyama/line-echo

require 'sinatra/base'
require 'json'
require 'rest-client'

class App < Sinatra::Base
  SECRET_KEY = ENV['MAKER_SECRET_KEY'] # Maker channel's secret key
  EVENT_NAME_DEFAULT = ENV['MAKER_EVENT_NAME_DEFAULT'] # Maker channel's default event name
  
  post '/linebot/callback' do
    params = JSON.parse(request.body.read)
    
    RestClient.proxy = ENV['FIXIE_URL'] if ENV['FIXIE_URL']
    params['result'].each do |msg|
      event, message = msg['content']['text'].split(' ', 2)
      response = request_to_ifttt(event, message)
      
      request_to_line([msg['content']['from']], response)
    end

    "OK"
  end

  helpers do
    def request_to_ifttt(event = EVENT_NAME, message)
      # Maker channel's extra data
      request_content = {
        value1: message,
        value2: 'from',
        value3: 'Line Bot'
      }

      endpoint_uri = "https://maker.ifttt.com/trigger/#{event}/with/key/#{SECRET_KEY}"
      content_json = request_content.to_json
      
      response = RestClient.post(endpoint_uri, content_json, {
        'Content-Type' => 'application/json; charset=UTF-8',
        'Content-Length' => content_json.length
      })
    end

    def request_to_line(send_to, message)
      request_content = {
        to: send_to,
        toChannel: 1383378250, # Fixed  value
        eventType: "138311608800106203", # Fixed value
        content: { 
            "contentType": 1,  # Text type message
            "toType": 1,
            "text": message
        }
      }

      endpoint_uri = 'https://trialbot-api.line.me/v1/events'
      content_json = request_content.to_json

      RestClient.post(endpoint_uri, content_json, {
        'Content-Type' => 'application/json; charset=UTF-8',
        'X-Line-ChannelID' => ENV["LINE_CHANNEL_ID"],
        'X-Line-ChannelSecret' => ENV["LINE_CHANNEL_SECRET"],
        'X-Line-Trusted-User-With-ACL' => ENV["LINE_CHANNEL_MID"],
      })
    end  
  end
end

Makerチャンネルのリクエストにはパラメータを3つ(Value1, Value2, Value3)まで指定できます。 line-ifttt-8.png EventNameはそのままの意味、OccurredAtはリクエストを受け付けた日時になります。

ifttt上で指定する場合はValue1のように先頭を大文字のVにしないとエラーになりますが、リクエストパラメータでは先頭小文字のvalue1でないとダメみたいです。

      # Maker channel's extra data
      request_content = {
        value1: message,
        value2: 'from',
        value3: 'Line Bot'
      }

ソースは下記に置いてます。 (masuidrive さんに怒られたら消す) kaakaa/line-ifttt

とりあえず作ったもののやりたいことがない。

tweet Share